高レベル廃液のガラス固化再開 東海再処理施設、2年ぶり

日本原子力研究開発機構は17日、廃止措置中の東海再処理施設(茨城県)で、高レベル放射性廃液をガラスで固める作業を再開したと発表した。機器トラブルにより約2年中断していた。機構は機器の整備期間を短縮するなどして、当初の計画通り2028年度末ま.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録