入管難民法の疑いで自称中国人を逮捕/十和田署

十和田署は16日、入管難民法違反(旅券等不携帯)の疑いで、自称中国籍の住所不詳、無職男(35)を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は同日午後8時半ごろ、十和田市西六番町の同署内で旅券を携帯していなかった疑い。同署によると、署員が市内で男に職務質問し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録