時評(8月17日)

アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンが首都カブールを制圧し、政権を掌握した。 進撃する同勢力と政府軍との間で首都決戦も心配されていただけに、流血の事態に至らなかったことは幸いだった。だが、問題はこれからだ。 イスラム原理主義国家の再建を志.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録