【貨物船座礁】有識者 生態系への影響不安視

八戸港沖で貨物船が座礁し、重油が流出した事故で、船舶や生態学などを専門とする有識者からは16日、早期撤去の重要性や生態系への影響を不安視する声が聞かれた。 事故では座礁した貨物船がいったん自力で離礁したものの、同港から北に約3・8キロの海上.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録