コロナ禍の消費、地域で差 観光に打撃、小都市や町村は回復鈍く 

 消費支出の増減率推移
 消費支出の増減率推移
新型コロナウイルス禍で景気が低迷する中、消費の回復に地域間で差が出ていることが14日、総務省の家計調査で分かった。大都市や中規模の都市が持ち直しの基調にあるのに対し、人口の少ない小都市や町村では回復が鈍く、苦境に陥っている。専門家は地域経済.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録