テーマは「心」、小中高生が立体作品/八戸市新美術館

「心」をテーマに制作した作品を鑑賞する児童、生徒
「心」をテーマに制作した作品を鑑賞する児童、生徒
今秋にグランドオープンを控える八戸市新美術館で10日、市内の小中高生約70人が「心」をテーマにした立体作品の制作に挑戦した。参加した児童、生徒は、学校の枠を越えたアート活動を通し、表現の自由や鑑賞の楽しさを学んだ。 同館と市内の図工・美術教.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録