岩手2区に元市議擁立へ 立民、次期衆院選

立憲民主党岩手県連が次期衆院選岩手2区に、元岩手県釜石市議の大林正英氏(57)を擁立する方針を固めたことが13日、関係者への取材で分かった。大林氏は東京都出身。東日本大震災後に釜石市で復興支援に携わり、2015年から市議。13日に辞職した。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録