平川市、独自の「後追い接種」開始 子宮頸がんワクチン

 青森県平川市が17~19歳の女性市民に送ったキャッチアップ接種の案内文書
 青森県平川市が17~19歳の女性市民に送ったキャッチアップ接種の案内文書
副反応への懸念から接種率が低迷する子宮頸(けい)がん予防のヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンを巡り、平川市が無料定期接種の年齢対象外となった市民に、独自措置として時限付きのキャッチアップ(後追い)接種を始めた。罹患(りかん)者減につな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録