時評(8月14日)

新型コロナウイルスの試練と闘う中での2度目の終戦の日を迎える。 敗戦から76年。約310万人の日本人戦没者を出し、日本が焦土と化した大惨害とは比べるべくもないが、いま多くの国民が感染拡大の「第5波」によって、自らの命と暮らしが脅かされている.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録