売上高1・4%増 三菱製紙第1四半期決算 印刷用紙中心に需要持ち直し

八戸市に主力工場を置く三菱製紙(東京)は13日までに、2022年3月期第1四半期(21年4~6月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比1・4%増の417億4600万円。純損失は赤字幅が5億円圧縮し、11億6100万円となった。 新型コロ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録