【大島氏引退】八戸市長選への影響懸念 自民分裂選挙、激化の可能性

八戸市政界に強い影響力を持つ大島理森衆院議長の政界引退は、現職の小林眞氏(71)と自民党青森県議の熊谷雄一氏(58)が名乗りを上げる市長選(10月24日告示、同31日投開票)への余波も避けられない見通しだ。自民分裂の選挙戦が確実視される市長.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録