【大島氏引退】「存在大きかった」「後進の指導を」青森県内首長から惜しむ声

12日の大島理森衆院議員の引退表明を受けて、青森県内自治体の首長は、国とのパイプ役として大島氏を頼ってきただけに先行きに不安を見せつつ、長年にわたって国や地域の発展に尽くした労をねぎらった。 三沢市の小桧山吉紀市長は「長い間お疲れさまでした.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録