未来を照らせ「復興の火」 野田でパラリンピック採火式

ランタンに火を移した泉沢勝教会長
ランタンに火を移した泉沢勝教会長
東京パラリンピックの聖火の採火式が12日、岩手県内の各市町村で始まった。野田村では東日本大震災の犠牲者の追悼と、支援への感謝を込めた「夢灯(あか)り」から分けた種火から、村身体障害者協議会の泉沢勝教会長が採火した。火は「のだ復興の火」と名付.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録