Free13日にかけ再び大雨に注意 「早めの防災対策を」/青森県内

前線や湿った空気の影響で、青森県内は13日、下北や三八上北を中心に大雨が予想され、警報級の降水量となる見込みだ。10日までの大雨で被害が出ている風間浦村、むつ市、七戸町では少しの雨で災害が発生する可能性があり、青森地方気象台は土砂災害や河川の増水などに注意するように呼び掛けている。

 同気象台によると、西日本付近にあった前線が12日夜に東北地方まで北上し、13日午後9時時点でも停滞していると予想。前線に向かって温かく湿った空気が流れ込むため大気の状態が不安定となり、県内は15日まで雨の降りやすい状態が続く。

 13日に予想される1時間降水量は下北や三八上北、津軽の多いところで、いずれも20ミリ。13日午後6時までの24時間降水量は三八上北100ミリ、下北80ミリ、津軽60ミリ。13日午後6時~14日午後6時では、下北、三八上北、津軽でいずれも50~100ミリ。

 同気象台の安藤昭芳観測予報管理官は「既に被害が出ている地域では地盤が緩んでいるので少量の雨で土砂災害につながる危険性がある」と指摘。「市町村が発表する避難情報に留意し、早めの防災対策をしてほしい」と強調した。

………………………………………

※災害情報、速報はデーリー東北のアプリで。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録