むつの「酪農(3)遺跡」で現地見学会 発掘調査状況を公開

出土した環状列石について説明を受ける参加者
出土した環状列石について説明を受ける参加者
青森県埋蔵文化財調査センターは5、6日、むつ市田名部の酪農(3)遺跡で現地見学会を開いた。縄文前期―後期の遺構が多く見つかっている同遺跡からは昨年、直径約20メートルの環状列石が出土しており、一般公開は初めて。縄文ファンら68人が参加し、興.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録