【アフガン情勢】戦意喪失、泥沼の攻防 米テロ20年、放棄で窮地に

 アフガニスタンを巡る構図(写真はAP)
 アフガニスタンを巡る構図(写真はAP)
アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンが駐留米軍撤退の間隙(かんげき)を突いて大攻勢を仕掛け、次々と州都を陥落させている。素足にサンダルのタリバン戦闘員を前に、最新鋭武器を持つはずの治安部隊は戦意を失い投降。米同時テロから20年。首都奪還か.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録