【青森県内大雨】道路網の脆弱性露呈 下北半島北部 

台風9号から変わった温帯低気圧の影響による青森県東部の記録的大雨は、土砂崩れや橋の崩落という事態を招き、かねて指摘されていた下北半島北部の道路網の脆弱(ぜいじゃく)さを改めて浮き彫りにした。周辺には原子力施設が立地するほか、今回寸断した国道.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録