【スリランカ人女性死亡調査報告】「一時的処遇」に弊害 死教訓に議論必要

名古屋出入国在留管理局で収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)の死亡に関する調査報告書が公表された。入管施設は「一時的な収容場所」と位置付けられ、手厚い医療ケアは後回しにされてきた側面を否定できない。その弊害が報告書.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録