青銀、楽晴会に介護ロボット寄贈 東北ファームの私募債活用

工藤貴博営業本部長(右から2人目)から目録を受け取った齊藤淳理事長(中央)。右隣は山本彌一社長
工藤貴博営業本部長(右から2人目)から目録を受け取った齊藤淳理事長(中央)。右隣は山本彌一社長
青森銀行(成田晋頭取)は三沢市の「東北ファーム」(山本彌一社長)が発行した私募債の手数料の一部を活用し、同市の社会福祉法人「楽晴会」(齊藤淳理事長)へ介護ロボットを寄贈した。 私募債の名称は「あおぎんSDGs私募債『未来の創造』」。発行企業.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録