子どもの居場所ITで把握 16自治体が発信器配布

 福岡市のベンチャー企業「otta」が開発した、子どもの居場所を把握するための発信器
 福岡市のベンチャー企業「otta」が開発した、子どもの居場所を把握するための発信器
子どもがどこにいるのか確認したい。でもスマートフォンはまだ早いし―。そんな保護者の不安を和らげるサービスを福岡市のベンチャー企業「otta(オッタ)」が開発した。小型発信器を子どもに持たせ、ITを使って町ぐるみで見守る。導入は福岡市や千葉県.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録