【東京パラ】選手は「みんな先駆者」 撮影歴21年の越智さん

 義足のモデルのカレンダーを手に取る越智貴雄さん
 義足のモデルのカレンダーを手に取る越智貴雄さん
東京五輪が終わり、24日には東京パラリンピックの幕が開ける。フリーカメラマンの越智貴雄さん(42)は、2000年のシドニー大会から密着、パラスポーツを撮って21年になる。多様な障害と向き合うアスリートが工夫をこらし挑戦する様に「みんな先駆者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録