【長崎被爆76年】無念抱えた人と歩み半世紀 原爆憎み戦禍なき日々願う

 アルバムを見て過去を振り返る横山照子さん=9日午後、長崎市
 アルバムを見て過去を振り返る横山照子さん=9日午後、長崎市
家族とのかけがえのない日常を奪った戦争と原爆を心底憎み、同じ境遇を強いられた人のために尽くす女性被爆者がいる。長崎原爆被災者協議会(被災協)を支え半世紀近くの副会長横山照子さん(80)=長崎市。胸にあるのは後遺症で生涯苦しんだ妹の無念だ。原.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録