【東京五輪閉幕に思う】内なる「少年の心」

新しい競技、柔らかな風。次のない競技、去る人。喜びと悲しみが交錯した東京五輪の17日間が幕を閉じた。 閉会式は57年前の閉幕を思い出させた。1964年10月24日夜。各国選手が入り交じり、男女が腕を組み歩く。日本の旗手を肩車した外国選手。お.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録