【北信越インターハイ】ボクシング大坊(工大一)、雪辱ならず

ボクシングのピン級では、2年の大坊翔吾(工大一)が今春の選抜大会初戦で敗れた柏木太郎(徳島・吉野川)への雪辱を期して1回戦に臨んだが、無念の3回50秒RSCで敗退。「素早いコンビネーションを何度も打ち込まれ、得意の展開に持ち込めなかった」と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録