【マラソン】大迫6位「やり切った」 メダルの夢、後進に託す

 男子マラソン 33キロ付近、力走する大迫傑=札幌市
 男子マラソン 33キロ付近、力走する大迫傑=札幌市
6番手でゴール前の直線に入った。「これが最後だ」。大迫は右手、左手を上げて応援に応えながら、現役最後と決めたレースを走り抜けた。男子マラソン6位。コースへ向き直り、歩みを思い返すようにじっと見つめた。 30キロすぎでキプチョゲがペースを上げ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録