アブラメの稚魚に標識付け 八戸水産高生、生態調査に協力

アブラメの稚魚に標識タグを取り付ける生徒
アブラメの稚魚に標識タグを取り付ける生徒
青森県立八戸水産高(福嶋信校長)の海洋生産科の2、3年生8人が2日、八戸市鮫町の同校栽培漁業実習場で、アブラメ(アイナメ)約3千匹に標識タグを付ける作業を行い、生態調査に向けて協力した。 同校は階上町が「町の魚」と定めるアブラメのブランド化.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録