【空手】荒賀、危機救う意地の「銅」 組手で日本勢唯一のメダル

 男子組手75キロ超級で獲得した銅メダルを自ら首に掛ける荒賀龍太郎=日本武道館
 男子組手75キロ超級で獲得した銅メダルを自ら首に掛ける荒賀龍太郎=日本武道館
日本空手の誇りを懸けた闘いだった。今大会で初めて実施されたが、2024年のパリ五輪では除外が決まっている。最初で最後になるかもしれない晴れ舞台で組手がメダルなしに終わる危機を、男子75キロ超級の荒賀龍太郎(荒賀道場)が救った。 1次リーグを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録