【レスリング】「金」乙黒拓、原点は8畳間のマット 父が指導、兄と鍛錬

 兄弟が子どもの頃の大会で、賞状を手に記念撮影する乙黒さん一家=2006年7月(父正也さん提供)
 兄弟が子どもの頃の大会で、賞状を手に記念撮影する乙黒さん一家=2006年7月(父正也さん提供)
レスリング男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗(22)の原点は、山梨県笛吹市にある実家の8畳間だ。子どもの頃、和室に敷き詰めたマットで父正也さん(47)の厳しい指導の下、同74キロ級の兄圭祐(24)と鍛錬を重ねた。「周りの人のおかげで、ち.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録