Free【レスリング】乙黒拓、男子フリー65キロ級「金」 日本勢、4個目

 男子フリー65キロ級決勝 アゼルバイジャンのアリエフ(手前)を攻める乙黒拓斗=幕張メッセ
 男子フリー65キロ級決勝 アゼルバイジャンのアリエフ(手前)を攻める乙黒拓斗=幕張メッセ

東京五輪第16日の7日、レスリング男子フリースタイル65キロ級で初出場の乙黒拓斗(22)=自衛隊=が金メダルに輝いた。今大会日本勢で女子の53キロ級の向田真優(24)=ジェイテクト、57キロ級の川井梨紗子(26)、62キロ級の川井友香子(23)=ともにジャパンビバレッジ=と合わせて4個目。

 山梨県出身の乙黒拓は19歳だった2018年世界選手権で日本男子として史上最年少優勝を果たした逸材。男子フリーでは12年ロンドン五輪66キロ級の米満達弘以来2大会ぶりに頂点に立った。

 乙黒拓は日本オリンピック委員会(JOC)が08年から東京都北区のナショナルトレーニングセンター(NTC)で有望なジュニア選手を寄宿制で鍛えるエリートアカデミー出身。出身選手で向田に次いで2人目の金メダリストとなった。

お気に入り登録