稲穂生育早く農薬散布も前倒し/青森県南地方

ドローンを使って水田に農薬を散布する柳町秀樹さん=7日、八戸市
ドローンを使って水田に農薬を散布する柳町秀樹さん=7日、八戸市
青森県南地方では、春先から続く高温で稲穂の生育が進み、平年より早く農薬の散布が行われている。八戸市櫛引の農業柳町秀樹さん(57)方の水田では7日、農業用の小型無人機ドローンを使って作業を行い、出来秋に祈りを込めた。 代々農業を営んできた柳町.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録