十和田で原爆写真展、8日まで 戦争、核兵器の悲惨さ伝える

戦争の悲惨さを伝える写真やパネルなどが並ぶ会場
戦争の悲惨さを伝える写真やパネルなどが並ぶ会場
十和田市原水爆禁止の会(苫米地宣廣代表)主催の「ヒロシマ・ナガサキ原爆写真展」が7日、市民交流プラザ「トワーレ」で始まった。当時の惨状を伝えるパネルや広島の高校生が描いた原爆の絵、被爆した瓦などが展示され、戦争や核兵器の悲惨さを伝えている。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録