【卓球】二つのメダルが置き土産 水谷、五輪に別れ

 卓球男子団体で銅メダルを獲得し、両手を上げて喜ぶ水谷隼。駆け寄る張本智和(奥)は、水谷に抱きつき喜んだ=6日、東京体育館
 卓球男子団体で銅メダルを獲得し、両手を上げて喜ぶ水谷隼。駆け寄る張本智和(奥)は、水谷に抱きつき喜んだ=6日、東京体育館
「金」と「銅」の二つのメダルを置き土産にして、卓球男子で32歳の水谷隼(青森山田高出、木下グループ)は五輪に別れを告げる。6日に行われた団体の3位決定戦で、日本は韓国を退けて銅メダルを獲得した。4度目の五輪を終えた水谷は試合後「自分が日本代.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録