災害時やイベントに役立てて 道の駅「なんごう」に発電機寄贈

道の駅「なんごう」に発動発電機を寄贈した田祐久支部長(右)
道の駅「なんごう」に発動発電機を寄贈した田祐久支部長(右)
日本道路建設業協会東北支部(田祐久支部長)はこのほど、八戸市南郷の道の駅「なんごう」に発動発電機1台を寄贈した。 同協会は、全国の地方自治体で地域防災計画に位置付けられる「道の駅の発電機保有率100%」を目指しており、2020年から22年ま.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録