「警察の証拠捏造」指摘/名古屋地裁、覚醒剤事件で

名古屋市の自宅で覚醒剤を所持したなどとして、覚醒剤取締法違反の罪に問われた男の判決で、名古屋地裁が「捜査の過程で少なくとも警察官による何らかの作為が介在した疑いが払拭できない」として、愛知県警による証拠捏造の可能性を指摘していたことが6日、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録