【卓球】残酷なストレート負け 日本、重圧から解放の涙

 女子団体決勝 中国戦の第1試合でポイントを奪われ、肩を落とす石川佳純(奥左)、平野美宇組=東京体育館
 女子団体決勝 中国戦の第1試合でポイントを奪われ、肩を落とす石川佳純(奥左)、平野美宇組=東京体育館
悔しさはある。それでも全力を出し尽くしたから、残酷なストレート負けも受け入れられる。表彰台では3人がそれぞれに銀色のメダルを掛け合った。28歳でキャプテンの石川は「悔しさは大きいけど、中国の強さを感じたし、この舞台で、決勝で戦えたことはすご.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録