【陸上】悲願に望みつなぐ予選突破 リレー日本、タイムは9番手

 男子400メートルリレー予選 第2走者の山県亮太(中央奥)から第3走者の桐生祥秀(同手前)へリレー=国立競技場
 男子400メートルリレー予選 第2走者の山県亮太(中央奥)から第3走者の桐生祥秀(同手前)へリレー=国立競技場
悲願の「金」への望みはつないだ。男子400メートルリレーの日本は予選1組で38秒16と伸び悩んだが、自動的に決勝に進める3着を0秒02差で死守。個人種目に出場した全員が予選で姿を消す惨敗から立て直しを図り、第一関門を突破した。山県は「リレー.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録