【スケートボード】平野“二刀流”は原点回帰/男子パーク

 平昌冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプ決勝2回目に、豪快なエアを決める平野歩夢=2018年2月、韓国・平昌(共同)
スノーボード男子ハーフパイプの冬季五輪2大会連続銀メダリストで、スケートボード男子パークにただ一人の日本選手として出場する平野歩夢(TOKIOインカラミ)の“二刀流”挑戦は「原点回帰」でもある。父英功さんが2003年に設営したスケートパーク.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録