米、台湾に武器売却へ/バイデン政権で初

【ワシントン、台北共同】米政府は4日、国務省が自走砲40門など約7億5千万ドル(約820億円)相当の武器を台湾に売却することを承認したと発表した。台湾への軍事圧力を強める中国をけん制する狙いとみられる。台湾の外交部(外務省)は5日、バイデン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録