【新型コロナ】8月のデルタ株割合44%/青森県内

青森県は4日、県内で7、8月に新型コロナウイルスに感染した計28人から、インド由来のデルタ株の可能性がある「L452R」変異株が確認されたと明らかにした。8月の感染者に占めるL452R変異株の保有割合は、系統による推計も含め44%となった。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録