【陸上】最初で最後の五輪で転倒/男子110メートル障害準決勝の金井

 男子110メートル障害準決勝 力走する金井大旺(左から2人目)。転倒し2組8着で敗退した=国立競技場
 男子110メートル障害準決勝 力走する金井大旺(左から2人目)。転倒し2組8着で敗退した=国立競技場
8台目のハードルに脚を引っかけ、前につんのめるように転んだ。陸上男子110メートル障害準決勝。金井は「頭が真っ白になった」という。顔をゆがめながら起き上がると、少し後ろに下がり、ゆっくりと残り2台を跳んでゴールした。記録は7着の2倍近く遅い.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録