地元企業とコラボ商品開発へ 十和田西高観光科生徒が原案発表

コラボ商品の原案を発表する生徒
コラボ商品の原案を発表する生徒
青森県立十和田西高(山口吉彦校長)観光科の2年生が、地元企業とコラボした商品の開発に取り組んでいる。7月28日、生徒13人が十和田市の道の駅とわだ「とわだぴあ」にある匠工房で、調味料やポテトチップス、セレクトギフトの原案を発表した。関係者が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録