時評(8月4日)

日銀が、気候変動問題に対応する民間金融機関の投融資を促す新たな資金供給制度の骨子案を公表した。年内をめどに導入し、原則として2030年度まで実施する。 世界的な取り組みが求められている脱炭素社会の実現に向けて、欧州を中心に世界の中央銀行が政.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録