【東京五輪】背景に選手への圧力 強権的ルカシェンコ政権

 ベラルーシの首都ミンスクでの会合で話すルカシェンコ大統領=7月23日(AP=共同)
 ベラルーシの首都ミンスクでの会合で話すルカシェンコ大統領=7月23日(AP=共同)
東京五輪陸上女子ベラルーシ代表クリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)の亡命騒ぎは、コーチから予定外の種目への出場を一方的に決められたことへの反発が発端となった。しかし背景には強権的なルカシェンコ政権による選手らへの圧力もあったとみられている.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録