【体操】着地勝負「止めにいった」 橋本、美しい体操で2冠

 男子種目別鉄棒決勝でG難度の離れ技「カッシーナ」を決める橋本大輝の連続合成写真(左から時計回り)=有明体操競技場
 男子種目別鉄棒決勝でG難度の離れ技「カッシーナ」を決める橋本大輝の連続合成写真(左から時計回り)=有明体操競技場
「最後は着地勝負になる」。体操男子種目別決勝の鉄棒で橋本大輝(19)=順大=は先に登場したティン・スルビッチ(クロアチア)が14・900点をマークした時、そう直感した。直後に迎えた演技は「止めたくて、気持ちを引き締めて止めにいった」。体操ニ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録