【八戸三社大祭】お還りの日、静かな1日に 2年連続規模縮小、祭り離れ懸念

2年連続で規模縮小となり、神事のみが執り行われた八戸三社大祭。期間中は独自にお囃子を披露したり、山車を展示したりする山車組も見られた(写真はコラージュ)
2年連続で規模縮小となり、神事のみが執り行われた八戸三社大祭。期間中は独自にお囃子を披露したり、山車を展示したりする山車組も見られた(写真はコラージュ)
八戸三社大祭は3日、お還(かえ)りの日を迎えた。ただ、新型コロナウイルスの影響で神輿(みこし)や山車の合同運行は見送られ、八戸市のマチニワでの映像上映などにとどまり、静かな1日となった。関係者は今年を「祭りの原点を見詰め直す時」と位置付け、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録