【新型コロナ】首相追い込まれ、苦肉の策 デルタ株脅威、甘い見通し

 新型コロナ患者療養を巡る政府方針
 新型コロナ患者療養を巡る政府方針
新型コロナウイルス患者向けの病床が逼迫(ひっぱく)する中、菅義偉首相は重症者以外を入院させず、自宅療養とする方針転換に追い込まれた。背景にあったのはインド由来の「デルタ株」による感染スピードの脅威。限られた病床をやりくりする苦肉の策だが、中.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録