長崎の鐘、原子野に響き 復興励まし、ヒット曲も

 つり下げられた浦上天主堂の鐘と森内秀雄さん(上左)ら=長崎市(森内浩二郎さん提供)
 つり下げられた浦上天主堂の鐘と森内秀雄さん(上左)ら=長崎市(森内浩二郎さん提供)
「長崎の鐘」の音色は、原爆からの復興に向かう人々を励ました―。長崎市の浦上天主堂はかつて東洋一の大聖堂とうたわれ、日本有数のカトリック信徒を抱えたが、原爆で全壊。鐘一つはほぼ無傷で残り、重傷を負いながら被爆者救護に尽くした医師の故永井隆博士.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録