ベラルーシ選手、亡命希望 第三国に、帰国強制拒否

 羽田空港で警察官と話すクリスツィナ・ツィマノウスカヤ=1日(ロイター=共同)
 羽田空港で警察官と話すクリスツィナ・ツィマノウスカヤ=1日(ロイター=共同)
東京五輪のベラルーシ代表として2日の陸上女子200メートル予選に出場予定だったクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が1日、強制的に帰国させるためチームによって羽田空港に連れて行かれたと、ロイター通信などが伝えた。代表コーチへの批判が理由で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録