【東京五輪】女性選手の健康課題、深刻 体験者発信「体守って」

 女子セブンズユースアカデミーで選手に話をする兼松由香さん=2020年2月、埼玉県熊谷市((c)JRFU)
 女子セブンズユースアカデミーで選手に話をする兼松由香さん=2020年2月、埼玉県熊谷市((c)JRFU)
女性選手特有の健康課題が近年重要視され、東京五輪・パラリンピックでは選手村の総合診療所に史上初となる「女性アスリート科」が設置された。約4割が無月経や月経不順とされる背景にあるのは、厳しい体重制限や競技優先の指導。軽視すると、その後の人生に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録