【競泳】日本新でもメダル届かず 男子メドレーR、力負け

メダルは遠かった。男子400メートルメドレーリレーで2大会ぶりの表彰台を目指した日本は各泳者が予選よりタイムを上げて日本新記録を樹立したものの、力負け。3大会連続で第1泳者を務めた背泳ぎの入江は「日本新は出たが、4人全員が個人種目で決勝に進.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録